ご売却までの流れ

お住まいの売却をお考えなら、まずはご相談ください。→ 相談フォームを開く
ご売却予定の不動産について、築年数・広さ・間取り・立地などの条件、さらに付加価値・特徴を加味し、周辺地域の成約事例・現在の売出物件の条件と比較調査(無料査定)し、ご提案させていただきます。
ご売却を決断されたら、仲介業者(不動産会社)との間に売却を依頼する「媒介契約」を結びます。
売り出し価格については、こちらからのご提案価格をもとにお客様の納得頂けるご希望価格で媒介契約を結びます。媒介契約には以下の3種類があります。

■専属専任媒介契約■特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約です。また依頼主は、自分で購入希望者を見つけることはできません。
■専任媒介契約■上記「専属専任媒介契約」と同じく特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。また依頼主は、自分で購入希望者を見つけることもできます。
■一般媒介契約■ 複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約です。依頼主も自分で購入希望者を見つけることができます。
ご売却物件の販売促進活動状況について随時経過報告を行います。経験に基づくノウハウを活かし、物件の特徴、エリア、価格など多方面から検討し、より効果的な売却活動を行います。
購入を希望された方は、購入申込書に記入します。その後、代金の支払方法や物件の引渡し時期、その他不動産に付随する設備の確認など、双方の条件を調整します。
購入希望者との合意のもと、売買契約を締結します。これにより、権利や義務を双方ともに遂行することになります。
ご売却物件の移転登録手続きと同時に代金をお客様へお支払いいたします。残代金の受領と物件の引渡しは同時になりますので、引渡しまでにお引越しの完了が必要になります。ローンの残債のある場合は、残りの債務を精算して、抵当権の抹消が必要になります。詳しくは、弊社からご案内させていただきますので、ご不明な点はご質問ください。

無料査定はこちら